FC2ブログ

ホーム

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

おいしいアロエ・シャーベットの作り方

2010-05-28 08:30

無農薬で育てたアロエベラは、こちらへ



今は、梅雨入り前ですが・・・

暑い夏場のおすすめメニューとして、アロエ・シャーベットの作り方を取り上げます。


アロエベラに含まれる、たくさんの微量栄養素は、熱に弱く、とても変質しやすい成分です。

アロエベラは、ジュースやアロエヨーグルトなど、加工処理されたものより・・・


新鮮な生の葉肉を、そのまま食べるのが、最もアロエベラの効果が発揮され、理想的です。

こうした視点から、アロエ・シャーベットは、新鮮な生のアロエベラ葉肉をそのまま凍らせ、食べるので・・・


アロエベラの有効成分を変質させないで、たくさんの微量栄養素をそのまま摂取できる、まさに理想的な食べ方です。

さらに、アオエシャーベットは、デザート感覚で、シャキシャキとした歯ごたえで、とてもおいしく食べられます。


初めて、アロエ・シャーベットを食べると、誰もがさわやかな食感に、感動です。

また、アロエベラの外皮には、アロインという成分が含まれ、緩下作用が働くので・・・


頑固な便秘に悩まされている方には、おススメの特別レシピです。

アロエ・シャーベットは、頑固な便秘の解消のほかに、高血圧、高コレストロール、ダイエット、肌荒れなどの改善に効果が発揮されます。


なお、頑固な便秘の解消には、こちらのサイト「便秘 アロエでスッキリ、さわやか!」で詳しい知的情報が入手できます。

アロエ・シャーベットの作り方は、次のとおりです。



              (1)水道水で洗い、トゲをカット 

                 

      皮の部分も、食べるので、アロエベラ全体を水道水できれいに洗う。
      その上で、食べやすいサイズにカット。(8〜10cmが食べやすい)
      トゲの部分を適当な幅で、切り落としましょう。




                  (2)外皮ごと、スライス 
                
                  

      平らな容器(場所)に、ラップを敷き、事前準備をする。
      まな板の上で、葉を皮ごと包丁で薄切り(厚さ2〜3mm)
      スライスしたアロエベラは、ラップ・フィルムの上に並べる。




            (3)カルピスなどで、味つけ

                 

      アロエ・シャーベットは、味付けなしでも、さくさくおいしく食べられ
      ます。(外皮の固さと、葉肉のヌルヌル感がなくなります。)
      写真(上)は、市販の希釈用カルピス(ぶどう)で、味を付ける。
      お好みに合わせ、選びましょう。




            (4)ラップで包み、冷蔵庫(冷凍室)へ

                 

      味付けが終わったら、ラップでアロエベラを包み、味付けした液を均
      一化してください。
      また、アロエベラを酸化させないように、空気を抜きます。
      その上で、プラスチック・トレイなどにのせ、冷蔵庫(冷凍室)に入れ
      半日ほどで固まったら、完成です。




           (5)1日、5本を目安に食べましょう

                 

      ラップを広げると、そのままアロエ・シャーベットが食べられます。
      時間が経過すると、氷が溶け、水っぽくなるので、スプーンやフォー
      クを使い、すぐに食べましょう。
      1日、5本を目安に、食後や空腹時、就寝前に食べ、慣れたら食べる量
      や時間帯を調節してください。
      残ったアロエは、そのままラップに包み、冷凍室で保存し、1週間以
      内に食べましょう。


なお、アロエ・シャーベットを食べる量、回数は、翌朝の便の状態をチェックし、最適な量、回数を選びましょう。

また、妊娠中の女性は、念のためにアロエ・シャーベットを食べるのを控えましょう。







にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 ランキング応援、お願いしま〜す。



ブログ王ランキング ランキング応援、こちらもお願いしま〜す。



アロエベラ食べ方 コメント: 0 トラックバック: 0

アロエベラで、丈夫な体に・・・

2009-11-06 21:08


無農薬、無化学肥料で育てたアロエへ



しばらく、お休みしていました。
再開です。

秋も深まり、風邪やインフルエンザが急に流行りだしました。
我が家の中学生も、インフルエンザでクラスが学級閉鎖(4日間)になりました。

風邪やインフルエンザの季節を迎え、できたら、風邪やインフルエンザに負けない丈夫な体にしたいですね。

そこで、アロエベラに注目です。
アロエベラを毎日、少しづつ、体に摂りれれば、風邪などをひかなくなるでしょう。

また、アロエベラは、ウイルスにも強いと言われています。
アロエベラなら、風邪やインフルエンザの予防に、心強い味方になってくれるでしょう。

大切なことは、何よりも、毎日、新鮮な葉肉を空腹時に、少しづつ食べることです。
アロエベラを食べて、風邪やインフルエンザを撃退しましょう。


「アロエベラの食べ方」


(水道水で葉を洗い、適当なサイズ(2〜3cm幅)にカットしましょう)



(外皮を捨て、中の透明なゼリー部分だけを食べましょう)



(残った葉は、カット面をラップで包み、冷蔵庫(野菜室)に保存しましょう。)




でも、もし油断をして、風邪やインフルエンザにかかってしまったら・・・
アロエベラを少し多めに、食べてみましょう。

アロエベラは、薬草ではなく、お野菜と同じ仲間ですから・・・
薬のような副作用の心配がないので、安心です。

アロエベラのゼリー部分は、苦くないので、おいしく食べられます。
アロエベラを食べると、風邪の症状を軽くし、風邪の治りを早くしますよ。



無農薬、無化学肥料で育てたアロエへ





アロエベラ食べ方 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

お知らせ

このたび、難病を完治させました。
難病とは、日本人に少ない「乾癬」という難病。
お医者さんに行っても、ステロイド剤で再発の繰り返し。
このため、難病を自分で治すことにチャレンジ。
簡単に、見事に、症状が治まり、いっさい再発なし。
アロエベラに、感謝、感謝、感謝の健康生活です。
難病「乾癬」を治したい方、お気軽にメールをください。

今日の日付入りカレンダー


10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

coffee1484

Author:coffee1484
健康、美容、ダイエット、老化予防などに、素晴らしいパワーが秘められた野菜の仲間、アロエベラ。
魅力いっぱいのアロエベラ栽培に熱中です。
さあ、「アロエ生活」で賢く健康な人生を歩み出しましょう。
アロエベラの栽培情報を提供し、「アロエ生活」でご家族のご健康徹底サポートさせていただきます。
下記メール・フォームで、ご質問も受け付けています。
どうぞよろしく、お願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。