FC2ブログ

ホーム

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

アロエベラのナメクジ被害

2010-10-31 22:07

無農薬、無化学肥料で育てたアロエへ



昨日は、台風14号の影響を受け、北関東も雨でした。

今日は、台風が過ぎ去り、さわやかな秋晴れになると期待していましたが・・・


低気圧の影響で、終日、曇りで、ときどき小雨でした。

このような湿ったお天気の時に、日中でも、目にするのがナメクジです。



「夜間に活動するナメクジ」



アロエベラは、病害虫に強い丈夫な植物と言われていますが・・・

でも、芯の部分の新芽が、ナメクジの被害を受けやすいので、注意が必要です。


ナメクジが活発に活動する時期は、4〜6月、9〜11月です。

写真(上)は、「チャコウラナメクジ」というナメクジで、アロエベラの鉢底に潜んでいるところを見つけました。


チャコウラナメクジは、1970年代以降、よく見られるようになったヨーロッパ原産の外来種だそうです。

背中の膜の下に、甲羅をもったナメクジで、今では、九州から北海道まで、全国に分布し、人家周辺のほか、農地や空き地など、農作物や花などに害を与えます。


ナメクジは、日中、鉢底など湿った場所に潜み、夜間になると活動する害虫なので、被害にあっても、なかなか見つけにくい厄介な害虫です。

アロエベラの場合、夜間、芯の部分の新芽だけを食害するので、その後、写真(下)のように決定的なダメージを与えてしまいます。


  

「ナメクジ被害の跡」



ナメクジ対策として、農薬だけは使用したくないので、これまで農薬以外の方法をいろいろなと試行してみました。

例えば、ビールや日本酒をプラスチック容器に入れ、おびき寄せ、おぼれさせたり、バナナの皮や、キャベツの細切れを置き、おびき寄せるなど、実行しましたが・・・


残念ながら、バナナの皮やキャベツの細切れでは、まったく効果がありませんでした。

最も、効果的だったのは、ビールでした。(日本酒や発泡酒は、効果なし)


でも、ビールで、すべてのナメクジを補殺できるまで、成果を上げることはできませんでした。

ビール代も、高くなるので・・・・あきらめました。


何よりも、一番効果的なのは、ナメクジが日中、鉢底などの湿った場所に集まり、潜んでいるので・・・

日中、鉢を持ち上げ、鉢底にナメクジが潜んでいないか確認するのが、何よりも確実な駆除対策になると思います。


なお、ナメクジを見つけたら、塩をまいても殺せないので、直接、補殺しましょう。

いずれにしても、アロエベラは鉢植え栽培なので、ナメクジ対策として定期的に鉢底を直接チェックし、ナメクジが潜んでいないか、確認することが大切だと思います。

 


                            


にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 ランキング応援、お願いしま〜す。


ブログ王ランキング ランキング応援、こちらもお願いしま〜す。




害虫予防・対策 コメント: 0 トラックバック: 0

アロエベラの増やし方

2010-10-19 08:30

無農薬、無化学肥料で育てたアロエへ



昨日は、北関東も秋晴れで、さわやかな一日でした。

ところで、秋は、アロエベラにとって、旺盛な成長期です。


また、秋を迎えると、株もとから子株も芽吹いてきます。

楽しみですね。



一般的に、多肉植物の増やし方として、葉挿しが可能だそうですが・・・

アロエベラは、葉挿しで増やすことができません。


アロエベラは、黄色い花を咲かせますが、日本の気候では、結実しないので・・・

種子でも、増やすことができません。



アロエベラの場合、子株がたくさん芽吹くように・・・

通気性、保水性、排水性の良い土壌に保ち、育てます。



子株の誕生は、アロエベラを増やす基本であり、唯一の手段、方法なので・・・

子株が芽吹いたら、大切に育てましょう。



ところで、写真(下)は、アロエベラの古株から芽吹いている子株たちです。



「元気いっぱい、アロエベラの子株たち」



子株の誕生以外に、もう一つ、アロエベラの増やし方がありますよ。

この古株は、アロエベラの葉を採取していたら、茎が伸びすぎて、アンバランスになったので・・・


ノコギリで茎の途中をカットし、カットした上部は、挿し木で若返らせたものです。

一方、古株は、アロエベラの子株を増やしたいので、カットしたそのままの状態で残し、水をやり、育ててきました。


すると、やがて、古株からたくさんの子株が芽吹いてきました。

写真(上)は、カットから約1か月が経過した古株です。


順調に育てれば、まだ多くの子株が芽吹き、全体で20株くらいになるでしょう。

子株は、茎から直接、芽吹いているので、まったく根がありません。


このため、4〜5cmのサイズに成長したら、子株の茎の部位を確保しながら・・・

親株から引きはがし、挿し木を行います。


 

「古株から引きはがし、根づいた苗(約1か月)」



全部の子株を引きはがすと、また古株から次の世代の子株が、芽吹いてきます。

アロエベラの、たくましい生命力に、ただただ驚かされます。




                            


にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 ランキング応援、お願いしま〜す。


ブログ王ランキング ランキング応援、こちらもお願いしま〜す。






増やし方 コメント: 1 トラックバック: 0

今にも、枯れそうなアロエ(3)

2010-10-09 23:22

無農薬、無化学肥料で育てたアロエへ




 
「朝日を浴びて、元気いっぱい、アロエベラ」



写真(上)は、朝日を浴びて、元気に大きく成長中のアロエベラです。

でも、今年の3月末には、このように赤茶けた、枯れたような苗でした。



「6か月前の枯れそうな、アロエベラ」



あれから、早いもので6カ月が経過しましたが・・・

この間、水や肥料もいっさい与えずに、自然まかせに育ててきました。


アロエベラは、病害虫を寄せ付けない、丈夫な植物と言われていますが・・・

病害虫の予防に、農薬もいっさい使用していません。


本当に、頼もしく、丈夫な植物ですね。

6か月前は、15cmくらいの小さなサイズでしたが・・・


今では、サイズ(高さ)が60cmとなり、葉肉もぶ厚く、立派なアロエベラになりました。

6か月前の枯れたような面影がまったく見られません。


これから、晩秋を迎え11月末になったら、プラ鉢への植え替え、室内での冬越しが必要ですが・・・

まだ、約2カ月ありますので、まだまだ大きくなります。


いずれにしても、アロエベラの露地植えは、超簡単で、元気に大きく育ちますね。

お庭のあるご家庭なら、アロエベラの子株は、露地植えがおススメです。


次のような場合には、庭先に子株を植え込みましょう。

  ・子株が誕生し、成長(10cmくらい)したので、親株から引き抜き育てる。

  ・鉢植で育てているけど、元気がないので、元気を取り戻したい。

  ・水やり、施肥など、面倒な手間を省きたい。


露地植えの場合、晩秋を迎えたら、必ず鉢への植え替えを行い、屋内で冬越しさせる必要があります。

鉢に植え替えないで、根ごと引き抜き、そのまま屋内に保管し、春になったら、また庭に植え、育てる方法もありますけど・・・


でも、アロエベラは、大切なご家族の健康や美容、老化予防、ダイエットなどを徹底的にサポートしてくれるので・・・

ご家族の一員のように、愛情を込め、大切に育てましょう。





にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 ランキング応援、お願いしま〜す。


ブログ王ランキング ランキング応援、こちらもお願いしま〜す。





露地植えの育て方 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

お知らせ

このたび、難病を完治させました。
難病とは、日本人に少ない「乾癬」という難病。
お医者さんに行っても、ステロイド剤で再発の繰り返し。
このため、難病を自分で治すことにチャレンジ。
簡単に、見事に、症状が治まり、いっさい再発なし。
アロエベラに、感謝、感謝、感謝の健康生活です。
難病「乾癬」を治したい方、お気軽にメールをください。

今日の日付入りカレンダー


09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

coffee1484

Author:coffee1484
健康、美容、ダイエット、老化予防などに、素晴らしいパワーが秘められた野菜の仲間、アロエベラ。
魅力いっぱいのアロエベラ栽培に熱中です。
さあ、「アロエ生活」で賢く健康な人生を歩み出しましょう。
アロエベラの栽培情報を提供し、「アロエ生活」でご家族のご健康徹底サポートさせていただきます。
下記メール・フォームで、ご質問も受け付けています。
どうぞよろしく、お願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。