FC2ブログ

ホーム

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

重粒子線医学センターの見学

2009-04-07 21:18


無農薬、無化学肥料で育てたアロエへ

今日は、4月7日。
北関東では、ほぼ満開の桜の下で、入学式が開催されました。

私も、地元群馬大学の後援会役員会、総会に出席してきました。
大学の後援会総会とは、小、中、高校のPTA総会と同じです。
大学構内には、青空のもとに、木々の枝に新芽も吹き出し、気分爽快でした。




「新緑に囲まれた大学構内」


子供の学ぶ大学に、なかなか出かける機会もないので・・・
後援会役員会、総会、教授との懇談会、そして施設見学会まで、すべて参加してきました。

教授との懇談会では、最近の地域医療崩壊問題を取り巻く内情なども、聞くことができ、とても参考になりました。

そして、何よりも楽しみにしていたのは、施設見学会です。
なぜなら、全国の大学で、初めて導入される重粒子線がん治療施設の見学ができるからです。

重粒子線照射施設は、世界でも数か所です。
日本では、わずか2か所です。

千葉県にある放射線医学総合研究所と、兵庫県にある県立粒子線医療センターです。

ですから、群馬大学の重粒子線治療施設は、全国で3番目、全国の大学としては初めての導入になります。

重粒子線がん治療は、正常細胞を傷つけずに、癌細胞だけをたたく治療法です。
重粒子線がん治療は、苦痛を全く感じさせずに、副作用に苦しむことも無く、短期間で社会復帰させることができる、夢のようながん治療です。

残念ながら、今回は、施設の内部までは、見学することができませんでした。




「重粒子線医学センター」


写真(上)は、重粒子線医学センターの外観です。
重粒子線がん治療の開始は、来年からの予定です。
がんに苦しむ多くの患者さんの、希望の医療施設になるものと、期待しています。


無農薬、無化学肥料で育てたアロエへ




その他 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント:を書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

お知らせ

このたび、難病を完治させました。
難病とは、日本人に少ない「乾癬」という難病。
お医者さんに行っても、ステロイド剤で再発の繰り返し。
このため、難病を自分で治すことにチャレンジ。
簡単に、見事に、症状が治まり、いっさい再発なし。
アロエベラに、感謝、感謝、感謝の健康生活です。
難病「乾癬」を治したい方、お気軽にメールをください。

今日の日付入りカレンダー


08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

coffee1484

Author:coffee1484
健康、美容、ダイエット、老化予防などに、素晴らしいパワーが秘められた野菜の仲間、アロエベラ。
魅力いっぱいのアロエベラ栽培に熱中です。
さあ、「アロエ生活」で賢く健康な人生を歩み出しましょう。
アロエベラの栽培情報を提供し、「アロエ生活」でご家族のご健康徹底サポートさせていただきます。
下記メール・フォームで、ご質問も受け付けています。
どうぞよろしく、お願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。